腸内フローラの大切さ

腸内フローラの大切さ

腸内フローラは、ひとりひとりその様相が違っているようですが、腸内に多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりを作って生息している状態を指します。
名前からお花畑をイメージしてしまいます。
人それぞれ違うということで、腸内に生息している細菌などはその人によって違いがあります。
細菌の種類も数も個性があるということです。また、生活習慣やストレスなどによっても変化があります。
腸内フローラを構成するものは主に3つに大きく分けられます。

 

★善玉菌
★悪玉菌
★日和見菌

 

この3つです。もちろん、悪玉菌より善玉菌が多い方が腸内環境が良いということはお分かりのことでしょう。
ここで聞きなれない「日和見菌」というものがありますが、この菌は善玉とも悪玉とも言えない菌であり、体調が崩れたときは悪玉菌としてはたらく菌です。
傾向として言えるのは、子供の頃は腸内環境は割と良いのですが、年齢を重ねて行くとどうしても悪玉菌が多くなってしまうなど腸内環境が良くない状態になります。
生活習慣やストレスが影響しているのでしょう。
この腸内フローラはとても重要なものです。状態が悪くなると、体調不良や免疫力が低下してあらゆる病気にかかったり、肌の調子が悪くなったりと悪いことが多発します。
もちろん、花粉症をはじめアレルギーも腸内環境が悪くなると悪化すると言えるのです。